大切な家を守るために正しいメンテナンスを!

メンテナンスのタイミングは?

20年目までを目安にメンテナンスする場所

・自宅内部の水回り
まずは10年を目安にチェックしておきたい、家の中の水回りです。
トイレやお風呂、台所などの部品やパッキンなどに劣化が見られ始める時期です。
ここでのメンテナンスは部品を購入し、自分でも交換できるものが多いため、それほど手間や費用を必要としません。

・ベランダなど外の備品
直接日光が当たる場所に劣化が見られる時期です。
屋根の交換や修繕が必要になったり、車庫のシャッターに錆などが付き、使用しづらい状態になってきます。

・畳の交換
和室がある場合、畳の買い替え時期も大体このくらいが目安になります。
畳の状態にもよりますが、約5年で裏返し、約8年表替を行います。
そして約15年くらいで買い替えとなります。

20年以降を目安にメンテナンスする場所

20年を超えてくると、劣化が一気に目立ち始めます。
ここでは20年を超えた時期に必要になってくるメンテナンスをご紹介します。

・外観
外壁にひびが入ってしまったり、屋根にズレやひびなどが見られることがあります。
外部の劣化は放っておくと被害が大きくなりやすいため、劣化が見られたらすぐに修繕することをお勧めします。

・床
長年の使用で盛り上がりなどの平行が失われていたり、フローリングがはがれかけたりと、床の劣化も目立ってきます。
フローリングの張替えなどが必要になってきます。

・全体の取り換え
キッチンのいたるところに劣化や故障が見られ始めると、キッチン全体を取り換える必要も出てきます。
トイレやお風呂も同様、この時期に本体の取り換えが必要になる場合が増えてきます。